MENU
沖縄医療生活協同組合

介護老人保健施設

かりゆしの里

【介護老人保健施設「かりゆしの里」について】

介護老人保健施設とは。

介護老人保健施設(老健)は、自宅復帰を目指すための、
利用者さんのリハビリを中心に行っています。

実習生の手作りのポスター

施設内には実習生の手作りのポスターが沢山飾られています。
その写真を見てにっこりする利用者さんの姿も見られます。

【スタッフインタビュー①】
介護福祉士 小橋川 直也(コバシガワ ナオヤ)

小橋川 直也(コバシガワ ナオヤ) 2009年入社
一言:利用者さんから「ありがとう」と言われるのはもちろん嬉しいですが、一番は笑顔になってくれる事が私のやりがいです。

Q1「介護福祉士」の資格を取ろうと思ったきっかけを教えてください。

年の離れた兄が介護職に就いていたこともあり、「おじぃ、おばぁと関わってみたい」「人の役に立ちたい」と思い、
専門学校で介護福祉士の資格を取得しました。
また、介護福祉士は国家資格でもあるため、将来的に見ても手に職をつけられる仕事だったということもありますね。
専門学校を卒業後、同組合で働いている姉の紹介もあり、沖縄医療生活協同組合に入社しました。

Q2介護職の仕事をしてみて、思うことは?

利用者さんから「ありがとう」と言われることはもちろん嬉しいですが、
一番は笑顔になってくれることがやりがいだなと感じています。
また、時には利用者さんの入浴介助やトイレの介助などプライベートにも踏み込んでケアをする必要もあるので
そういった点でみると、【介護職】という仕事は最上級の接客だと感じるようになってきました。

Q3「私の職場のイイトコロ」を教えてください。

チームワークがいい職場という所ですね!
介護職だけではなく、リハビリや栄養士などの多職種と関わりを持って仕事ができるところです。
利用者さんのことで分からないことがあれば、情報共有をしやすいし、アドバイスをもらえることが良いです。
「職員1人ひとりが利用者さんに対してどういったケアをすることがいいのか」を考えて仕事をしているので
私を成長させてくれる環境がとてもいいですね。

Q4「介護職」という仕事の魅力は?

利用者さんの介護に携わることは、それぞれの方の人生に関わるということだと思います。私が関わることが利用者さんにとって
一つの喜びになれたら介護職の一番の喜びだと思います。

また、利用者さんは『人生の大先輩』です。色々な話をして、
自分自身の糧になるのが多いのも「介護職」ならではの魅力だと
私は思います。

【スタッフインタビュー②】
相談員 長濱 宗太(ナガハマ ソウタ)

長濱 宗太(ナガハマ ソウタ) 2009年入社
一言:介護職員を約10年勤め、社会福祉士の資格を取得し現在は相談員1年目です!

Q1相談員になるまでの経歴を教えてください。

県外の大学で介護福祉士の資格を取得後、2009年に沖縄医療生活協同組合へ入社しました。
かりゆしの里で介護職員として勤めながら2017年にケアマネジャーの資格を取得、
2019年には社会福祉士の資格を取得し相談員として現在は勤めています。

Q2キャリアアップできた理由を教えてください。

自分自身のスキルアップを目指して資格取得を目指していましたが、
沖縄医療生活協同組合は複数の施設があるので資格を取得することで働ける場所が広がるということもありました。
また、身近にいる先輩が社会福祉士の資格を持っていたので、先輩に追いつきたいという気持ちで
頑張っていたというのもありましたね。

Q3長く勤めてよかったと感じることはありますか?

長く勤めるほど、福利厚生などの待遇が充実しているなと感じています。
正規職員になると共済会での各種祝い金や医療費補助、スポーツ観戦のチケットの支給、この前だといちご狩りのイベントも
ありました。また、休日についても、夏休みや特別休暇なども取れるのはとてもいいですね。
特にかりゆしの里ではスタッフ全員でシフトも助け合っています。
「休みずらいな…」と思って無理することも無いので、家庭をお持ちの方でも将来を見据えて働けると思います。

Q3介護職員から相談員に異動して感じたことは?

介護職のときには、利用者さんのケアが中心でしたが、
相談員に異動してからは利用者さんとご家族の皆さんの事情も考えなければなりません。

入所のご相談を受けましたら、利用者さんの状況も踏まえながら、ご家族の家庭事情の聞き取りもしないといけない場面が出てきます。特に、家庭環境などのプライベートな話をするときは、話しやすい雰囲気を作ることを意識して、聞き取りをしています。利用背景を知ることで、利用者さんの1人ひとりのケアを考えることができますので、介護職員の時とはまた違った視点で
「介護」という仕事を見つめなおしています。